JAあまくさ

豊かな天草を未来へ・・・

電話: 0969-22-1100 (受付/平日9:00〜17:00)

JAって!?

JAとは、Japan Agricultural Co-operatives(日本の農業協同組合)の略で、新しい農業協同組合のイメージを象徴する愛称として1992年4月から使用しています。

(協同組合ってなぁに?)

協同組合とは、人びとの自治的な組織であり、自発的に手を結んだ人びとが、共同で所有し民主的に管理する事業体を通じて、共通の経済的、社会的、文化的なニーズと願いを叶えることを目的とします。 協同組合の考えを表現する言葉のひとつとして「万人は一人のため、一人は万人のため」があります。一人一人が主役であり、自主・自立の理念のもと、私たちの生活、地域、世界、時代を幸せにしたいというそれぞれの思いを叶える組織であると言えます。

(なんで、貯金・貸付などを行っているの?)

協同組合は、弱い立場の個人が集まって、自分たちの悩みや願いをお互いが助けあい、解決するための組織です。自らが出資し共同で運営します。そして、解決の為にいろんな事業を行っています。事業量の増加や組合員それぞれが事業を行っているため、専用の職員を雇い運営するようになりました。それが現在の形です。つまり、組合員のために、できたのがJA(農業協同組合)です。 信用事業や共済事業、購買事業も組合員の「幸せ」「豊かな暮らし」を実現するために取り入れられた仕組みなのです。また、それらから生まれた手数料は、組合員はもちろん、組合員が住む地域の活性化のために使われています。

*詳しく言うと・・・・*

将来の夢(たとえば、住宅購入など)のため、貯金やローンで、その夢を実現することができます。また、将来の不安(災害、病気、もしもの時の家族の生活)を共済に加入することで、払拭や軽減することができます。他にも、豊かな生活を実現するために、JAで吟味したものや安心安全なものの提案(生活購買事業:Aコープ事業や共同購入など)や、生活のアドバイスなど(生活指導事業)を行っています。そして、生活の基となる農業の発展のために、生産資材の購買事業や、技術向上・健全経営のための営農指導事業を行っています。

(農業組合法の目的は?)

JAは、農業協同組合です。

農業協同組合法(のうぎょうきょうどうくみあいほう)は、農業者の協同組織の発達を促進することにより、農業生産力の増進及び農業者の経済的社会的地位の向上を図り、もつて国民経済の発展に寄与することを目的として制定された法律であります。その制定を受け昭和23年に半年間で、408組合が熊本県に設立しました。(現在14JA)

このような経緯で設立された私たちJAあまくさは、組合員の生活向上(所得の向上)はもとより、地域に信頼され、地域が豊かになること、活性化することも大事な仕事と考えています。 これからも私たちは、農と食を中心に組合員とともに地域住民の生活基盤の安定や活性化に寄与していきます。